株主優待の手に入るタイミングとは

最近は株式投資が注目を集めています。銀行の金利や公的年金の制度が頼りなくなりつつある現在、資産形成を考える人は増えてきています。その中でも資産形成の方法で株式投資はかなりメジャーな方法になっています。最近ではNISAの導入や株主優待の知名度向上によりその存在は以前よりも大きくなっています。配当金に限らず、株主優待がお得な銘柄だと株主優待のために株を購入する人もいるくらいです。

今回はその株主優待がどのタイミングで手に入るかについて紹介したいと思います。株主優待は権利確定の日にその株を持っていることで手に入れることができます。権利確定日とは株式名簿に自分の名前が登録される日のことです。ちなみにその権利確定の日に株式を持っているだけでも株主優待を手に入れることができます。
しかしここで注意しなければならないのは株価です。一般的に人気のある株主優待銘柄は権利確定日を過ぎると急落することが多いです。権利確定日直前に購入すると高値で掴んでしまう可能性があるので、だいたい3か月前くらいから購入しておくのがいいかと思います。株価の上昇日亜化学の場合ですが、日亜化学には株主優待はありません。日亜化学は綿材の2次加工大手企業ということもあり、成熟した産業です。利益も定期的に安定していることからも優待の導入の可能性は大いにあります。近年では1000社以上もの企業が導入を行っており、その他の企業も導入を検討していることも多いです。
また、一般的に企業が優待制度の導入を発表すると株価が上昇することが多いです。今後の優待導入に期待して持っていると今後の利益につながるかもしれません。皆さんも株を購入するときは適切な時期に適切な値段で購入することを心がけましょう。